契約の内容とトナーの関係について

一般的な契約においてプリンター等の印刷を行うOA機器の場合、消耗品であるトナーは買取による運用となるケースが多いと言うのが特徴となってきました。この契約スタイルの場合、消耗品はその都度購入するという仕組みで成り立っており、基本的にはより節約して使うと言う仕組みで扱われることがほとんどです。
しかしながら最近では1枚プリントすることにいくらと言うタイプの課金を行う形式の契約も締結されるようになってきています。こちらはいわゆるカウンター料金制と呼ばれる契約であり、消耗品の消費量ではなくプリントした枚数によってコストが決定されると言う特徴を持っています。このような契約の場合は消耗品の使用量ではなく、枚数を管理する形でコスト管理をするという仕組みなるのが特徴です。これらのいずれかの形の契約を結ぶのが一般的となって来ています。

カウンター料金制のメリットについて

業務用のプリンターはとても便利なものですが、消耗品の消費量はコストに直結するものであるため、いくらでも自由に使うことが許される環境はほとんどありません。その中でカウンター料金制を採用する場合には、1枚あたりの消費量について必要以上に心配する必要がなくなると言う点がメリットとなります。
トナーを買取式で運用する場合は、消費量の節約する必要がありますので色を薄くしたりする必要があったり、写真のようなベタ塗り印刷については可能な限り控えると言う形で節約をする必要がありますが、カウンター料金制の場合には1枚あたりの消費量についてあまり意識しないで済むと言う店がコスト管理上メリットが大きいと考えられるのです。1枚あたりの印刷面積が大きい用途が多い場合には特に推奨される契約方式です。

カウンター料金制のデメリットについて

カウンター料金制というのは、極端な表現をすればコンビニエンスストアで1枚あたり10円を支払ってコピーをするコピー機の在り方と同じものであるといえます。写真の様に印刷面積の大きなトナーの消費量が大きい印刷であっても、文章のように印刷面積の小さなものである場合においても同じ料金が課金される仕組みになっています。したがって写真のような印刷物が多い場合にはお得であるといえますが、文章を印刷するような場合には割高であると言う点に注意しなければならないポイントです。
契約の段階である程度明確にするべきものですが、契約時に想定していたよりも印刷面積が狭い書類の印刷が多くなる場合においては割高となる可能性がありますので注意が必要です。この辺の想定についてはしっかりと調べておくべきです。

使用済みのカートリッジは無料にて回収しております。着払い伝票に記載されているヤマト運輸にご連絡して頂きカートリッジをお渡しください。 当社で取り扱う商品の配送における対象エリアは、離島を含む北海道から沖縄まで全国となっており、幅広いエリアからのご注文が可能です。 当社のリサイクルトナーは、厳しいすべてのテストに合格した製品のみを取り扱っております。 トナーのことならインクスポット.jp